手首と肘のためのストレッチ

今年もいよいよ終わりが近づいてきましたね!

年末年始の試合や練習、テニス尽くしに向けて、身体のメンテナンスは済んでいますか?

東テニス整骨院は、

2017年は12/29まで通常診療、

2018年は1/4から診療開始となっております。

毎年年末は特に予約が集中し、現在もだいぶ埋まってしまっているので、ご予約はお早めにお願いします☆

 

そして!

遠くて行けないよ!文字通り師走で行く暇もないよ!!

という方は、こちらのストレッチでセルフケアして乗り切ってください(^^)

 

今回ご紹介するのは、主に手首や肘の怪我の「予防」もしくは「リハビリ」のための、前腕のストレッチです。

現在痛めている真っ最中の人は、やってみて少しでも痛みが出るようであれば実施はしないでください。

 

さて、その前腕ですが、テニスにおいては常に捻りの動作が働いているため、よく知られている手首の屈曲伸展のストレッチだけではしっかりと伸ばすことは出来ません。

ですので、僕はこんなストレッチを患者さんにしてもらっています。

まず、握手をするように手を前へ出します。

後楽園ゆうえんちで僕と握手!ってぐらい、ガッツリ前に出してください。

 

次に、手のひらを内側へ捻ってもう片方の手で掴みます。

 

そのまま手のひらが動かないように固定したまま、腕を捻り戻してください。

捻り戻したまま10秒数えたら、一気に力を抜いて手首をブラブラとリラックスさせてください。

 

そしたら、また握手するように手を前に出します。

 

今度は手のひらを外側へ捻り、もう一方の手で下から掴みます。

 

そのまま手のひらが動かないように固定したまま、腕を捻り戻してください。

これもまた捻り戻したまま10秒数えたら、一気に力を抜いて手首をブラブラとリラックスさせます。

 

 

腕が軽くなって、修羅旋風拳が打てる気がしてきますね!

 

 

テニスの前後や日常の暇なときに、ぜひやってみてください☆

関連記事

  1. ひとまずこんなストレッチを!

  2. 肩のストレッチ①

  3. 肩のストレッチ②

  4. 手首ブーム再来!?